1. ホーム
  2. 施設紹介
  3. 沿革

施設紹介

沿革

昭和42年 9月 第一期工事完成(旧館、現A棟)
(鉄筋コンクリート造・2階建 延床面積1,294㎡)
微生物病研究所の附属実験施設として認められる。
(国立大学初の部局内共同利用動物実験施設)
初代施設長に川俣 順一 教授(化学療法部門)が就任
昭和51年 4月 川俣 順一 教授 微生物病研究所所長に就任
第2代施設長に山之内 孝尚 助教授が就任
昭和53年 3月 第二期工事完成(新館、現B棟)
(鉄筋コンクリート造・4階建 延床面積1,350㎡)
昭和54年 1月 山之内 孝尚 教授へ昇任
昭和56年 高度安全動物飼育室設置(1)
流行性出血熱の病原体の分離実験成功
昭和60年 3月 サルを用いた実験終了(以後サルを用いた実験は行われない)
4月 動物実験学部門として一研究単位が認められる(4F)
中曽根首相の施設視察
昭和61年 1月 西宗 義武 助教授就任(動物実験学部門)
昭和62年 6月 高度安全動物飼育室設置(2)
平成2年 4月 第3代施設長に西宗 義武 が教授へ昇任とともに就任
平成4年 10月 岡部 勝 助教授就任(動物実験学部門)
平成5年 5月 イヌを用いた実験終了 (以後イヌを用いた実験は行われない)
11月 遺伝子組み換え動物作製支援開始
平成6年 6月 ネコを用いた実験終了(以後、ネコを用いた実験は行われない)
平成8年 3月 ユーザー会発足(SPF・感染系・ウサギ)
平成9年 11月 西宗 義武 教授 微生物病研究所所長に就任(施設長兼任)
平成10年 3月 旧館改修終了(旧館・新館をA棟・B棟と改称)
6月 A棟2階SPF 運用開始(委託業者導入)
岡部 勝 助教授、遺伝情報実験施設教授に就任
野崎 正美 助教授就任(動物実験学部門)
平成11年 4月 ユーザー受益者負担システム開始
平成12年 4月 第4代施設長に清野 宏 教授就任(免疫化学分野)
10月 西宗 義武 教授 微生物病研究所所長任期満了
平成13年 4月 凍結受精卵作製支援開始
平成14年 4月 第5代施設長に岡部 勝 教授就任(遺伝子疾患分野・遺伝情報実験センター)
平成15年 10月 蓬田 健太郎 助教授就任 (感染動物実験施設)
平成16年 4月 岡部 勝(施設長) 感染動物実験施設教授就任
蓬田 健太郎 助教授 転出
伊川 正人  助教授就任 (感染動物実験施設)
平成18年 10月 B棟4階・SPF運用開始
平成20年 7月 B棟3階・SPF運用開始
A棟1階・高度安全エリア・改修工事終了と運用再開(BSL3)
平成21年 7月 免疫学フロンティア研究センターC棟完成
(鉄筋コンクリート造・4階建 延床面積2,482㎡)
10月 B棟2階・SPF運用開始
平成22年 1月 C棟3階・SPF運用開始
6月 C棟4階・SPF運用開始
平成23年 1月 B棟2階・SPF運用再開
3月 A棟2階・改修工事完了
6月 A棟2階・運用再開(BSL2およびSPF)
平成24年 3月 A棟1階・SPF運用再開
8月 磯谷 綾子 准教授就任(免疫学フロンティア研究センター・感染動物実験施設)
11月 伊川 正人 教授就任(感染動物実験施設)
平成25年 3月 岡部 勝 教授 退職
4月 第6代施設長に伊川 正人 教授就任(感染動物実験施設)

設備・機器工事 更新記録

tr> tr>
A棟 (旧、旧館) B棟 (旧、新館) C棟


42
9
竣工
(鉄筋コンクリート造・
2階建
延床面積1,294㎡)


53
3
竣工
(鉄筋コンクリート造・
4階建
延床面積1,350㎡)


56
高度安全
動物飼育室設置(1)


62
6
高度安全
動物飼育室設置(2)


2
1
AB棟通路の屋根設置


3
7
A221改修、
高圧蒸気
滅菌装置更新
5
2階オートクレーブ
更新
8
ホール間仕切り工事


4
5
A221,A213合併、
高圧蒸気滅菌装置
更新


5
11
TG・KOマウス作製
設備一式導入


7
1
阪神大震災
(焼却炉煙突に破損)
11
機械室ボイラー設置
3
A210・高圧蒸気
滅菌装置更新
6
焼却炉修理工事


8
3
高度安全エリア
高圧蒸気滅菌装置
更新
5
2階ケージウオッシャー
更新


9
4
改修工事着工


10
3
改修工事終了


11
3
焼却炉閉鎖 3
冷却塔更新
(中央経費)
6
2階P2感染系
パスボックス改修
10
熱交換器補修


12
5
高度安全エリア・
高圧蒸気滅菌装置改修
5
3階オートクレーブ
更新(総長経費)


13
11
チラー更新


15
4
微研セキュリティー
システム導入
11
入退室管理システム導入
(セキュリティーシステムとの統合)


16
10
4階窓の気密化


17

空調新設
給気ユニット工事
11
SPF化工事開始


18
3
自家発電機改修
300KVA 
3
自家発電機改修
220KVA
4階SPF化工事
終了


19
10
ヒートポンプチラー
分解整備
4
冷却塔散水モーター
取替え
冷凍機№1分空き
整備
12
3階SPF化工事
開始


20
1
A棟空調加湿
エレメント(1・2階)更新
3
3階SPF化工事
終了
3
ヒートポンプチラー用
ポンプ更新
7
3階SPFエリア運用
開始
6
1階高度安全工事終了 10
2階SPF化工事
開始


21
3
排気ファン修理 1
1階洗浄温水化工事終了 7
竣工
(鉄筋コンクリート造・4階建
延床面積2,482㎡)
6
空冷式チラー修理 5
2階改修工事終了
空調チラー修理 6
2階SPFエリア
運用開始
10
屋上高架水槽パイプ
修理


22
3
2階BSL2化改修工事開始 1
3階SPF運用開始
3
バックアップ空調機設置


23
3
排気系統バイパス
工事
1
階段・EPS結露対策工事
8
EVシャフト結露対策
(外壁断熱工事)


24
3
2階オートクレーブ更新


25
5
BSL2エリア自家発電回路
増設
1
B棟チラーオーバー
ホール
1
C棟屋上騒音対策工事
6月 中央監視装置修理 5
屋外空調設備防音対策施工 2
C棟機械室高温対策工事
BSL3室圧制御機器更新


26
10
洗浄室のP1A化 3
高架水槽配管修理 3
屋上排気ユニット更新
11
空冷式チラー及び周辺設備更新 10
洗浄室のP1A化 6
空冷チラー整備
10
洗浄室のP1A化
12
中央監視装置更新


27
9
VAV基盤等交換整備 12
C棟4階 個別換気ラック入替完了
9
BSL3温度計・室圧計交換整備
10
中央監視盤更新
11
2階飼育室(8-10室)のSPF転用完了


28
3
小荷物昇降機更新 3
冷却塔補給水配管修理 2
C棟3階 個別換気ラック入替完了
6
C棟3階へ生体動物移動 6
C棟3階 B棟より生体動物移動
7
蒸気ボイラー軟水装置更新


29
10
高度安全エリア レベル変更(BSL2、P2A) 8
P2A飼育室 空調整備・調整 7
4階飼育室 個別換気ラック増設
11
浄化槽撤去及び排水枡等工事 10
P2A飼育室 単独空調による飼育開始 8
高温排水配管取替・更新
11
3-10飼育室 準SPF化運用開始


30
1
オートクレーブ全機 エア配管・真空ポンプ更新
2
4-0検疫室 in vivo イメージング装置入替
9
オートクレーブ全機 動作機器取替


31
3
2-16 in vivoイメージング装置入替 3
オートクレーブ全機 制御機器取替
監視カメラ用PC更新
空冷式チラー修理

Page Top